TOSHIBA R73/DのSSD交換、メモリ増設 東芝

TOSHIBA R73/D(PR73DBJA137AD11)のSSD換装とメモリ増設手順を紹介します。

必要なもの

  • SSD
    聞いたこともないメーカーで安すぎるものはすぐ壊れるので、信頼性のあるメーカのSSDを選んだ方がいいと思います。販売実績、価格、保証を考えるとCrucialがバランスが取れていておすすめです。


  • ドライバー
    分解するときに必要です。今回はプラスドライバー0番のみで作業できました。


クローンを行う

クローンソフトを使えば簡単にHDDのデータをコピーできます。Acronis True ImageはHDDとSSDの容量が違っても自動的にサイズ調整してくれるので簡単かと思います。

Acronis True Imageを使ったクローン方法は別記事で紹介していますので、そちらをご覧ください。

SSD交換手順

バッテリーを外す

まずはバッテリーを外します。取り付けたまま作業すると故障する可能性があるので必ず取り外してから作業を行ってください。

裏面パネルのネジを外す


赤丸部分の4つは少し短めですが、あとは同じサイズです。ネジを外すと簡単にカパッと裏蓋が外せます。これは光学ドライブが搭載されていないモデルですね。

HDDをSSDに交換する


これはすでにSSDが付いていますが、HDDだと思ってください。赤枠部分がSATAケーブルですのでHDDを少し浮かしてケーブルを外します。



HDDを取り外した状態。あとは逆の手順でSSDを取り付けてください。

メモリ増設


黄枠部分に1スロット空きがあるのでメモリを増設することができます。メモリの規格はPC3L-12800、省電力タイプが必要です。

作業完了

あとは裏蓋を取り付ければ作業完了です。
この機種はかなり簡単にSSD交換、メモリ増設ができるモデルですね。お疲れ様でした。