HP 15-bw001AUの分解・SSD換装とメモリ増設 (15-bw000)【高速化】

HP 15-bw000シリーズのSSD換装、メモリ増設の手順を紹介します。今回使用したモデルは15-bw001AUですが、15-bw002AU、15-bw001AXも手順は同じかと思います。

ヘラでパネルを外さなければいけないので、「難易度:★★★☆☆」あたりかと思います。

必要なもの

  • SSD
    聞いたこともないメーカーで安すぎるものはすぐ壊れるので、信頼性のあるメーカのSSDを選んだ方がいいと思います。販売実績、価格、保証を考えるとCrucialがバランスが取れていておすすめです。


  • ドライバー
    分解するときに必要です。今回はプラスドライバー0番のみで対応


  • ヘラ
    裏面のパネルを分解するのに使用します。なくてもプラスチックのカードなどで代用できるかもしれませんがあると便利。


クローンを行う

クローンソフトを使えば簡単にHDDのデータをコピーできます。Acronis True ImageはHDDとSSDの容量が違っても自動的にサイズ調整してくれるのでおすすめです。

Acronis True Imageを使ったクローン方法は別記事で紹介していますので、そちらをご覧ください。

SSD交換手順

バッテリーを外す

まずはバッテリーを外します。取り付けたまま作業すると故障する可能性があるので必ず取り外してから作業を行ってください。

裏面パネルのネジを外す

bw001AUの裏面


赤丸部分のネジを外し、光学ドライブは青矢印方向にスライドし取り外します。

bw001AUのネジが隠れている


滑り止めゴムの下にも隠れているので、ゴム足を剥がしてネジを外します。

ヘラでパネルを開ける

bw001AUにヘラを差し込む


筐体のすき間にヘラを差し込みパネルを外します。ヘラはあまり奥まで入れないように気をつけツメで止まっているので、少しづつずらしながらこじ開ける感じ。勢いよく開けると壊れてしまうかもしれないので様子を見ながらやってください。

HDDを外す

15-bw001AUの内部


赤丸部分のネジを外すとHDDを取り外せます。HDDマウンタをSSDに載せ替えてください。

15-bw001AUのHDDマウンタ


メモリを増設する


15-bw000シリーズのメモリ規格は「DDR4-1866MHz(PC4-14900)」最大8GBとなっています。15-bw001AUはメーカーによると最大4GBとなっていますが、実際に取り付けると8GB認識しました。

15-bw001AUはメモリスロットは1つしかないので4GBが取り付けられている場合は4GB追加ができないため、8GBを購入しなければいけません。

DDR4-1866MHz(PC4-14900)メモリを探しましたが、現在入手が難しいようなので、今回はDDR4-2400MHz(PC4-19200)を使用しました。メモリは下位互換があるので上位規格のメモリを使用することができます。(今回交換したメモリは2400MHzですが、1866MHzまでの速度しか出ません)

SSD・パネルを取り付ける

SSDを取り付けた状態


SSD、裏面パネルを取り付けたら作業完了です。

まとめ

HP 15-bw000シリーズはパネルがツメで固定されているので、ヘラなどで取り外す際のコツが少し必要です。メモリも1スロットしかないので、メモリを購入するときは容量に気をつける必要があります。お疲れ様でした。